映画「ST赤と白の捜査ファイル」

TOP

インタビュー interview

藤原竜也
Interview article of Tatsuya Fujiwara

最初から最後まで飽きさせない
作品になっていると思います。

「ST」は、僕にとって久しぶりの連続ドラマで、岡田くんをはじめ、才能ある若い人たちと共演することができ、とても刺激的な現場でした。ドラマと同じスタッフが続投して映画にもなるということで、みんなすごく気合いが入っていましたね。現場はとにかく熱くて、共演者の方ともすごく仲良くなって、心に残る作品になりました。
ドラマから映画まで演じた赤城役には愛着もありますし、百合根役が岡田くんだったのも良かった。赤城は、表面的には百合根を突き放しながらも、内面では彼の手を摑んでいるような心情で、百合根がいるからこそ前に進める。現場では最初から岡田くんが、気を使いながらもストレートにぶつかって来てくれたので頼もしかったです。僕がどんな演技をしてもうまく対応してしっかりした道を作ってくれて、キャップとして現場を全うしてくれた。彼に引っ張ってもらい、遊ばせてもらったような感覚で、本当に楽しく演じさせて頂きました。
また、『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』以来久しぶりに佐藤東弥監督と、映画で一緒に仕事ができたのも嬉しかったです。ハードなスケジュールではありましたが、監督は妥協せずにスケールの大きな世界観を作り上げてくださった。テレビドラマの最終回は、先が気になる終わり方をしていましたが、映画では赤城が何を思って捕まったのか、なるほどと納得していただける内容になっているのではないでしょうか。赤城と鈴木梨央ちゃん演じる椿との絡みも面白いですし、最初から最後まで飽きさせない作品になっていると思います

岡田将生
Interview article of Masaki Okada

こうして映画になると、
その思いが強くなって、本当に
母親のような気持ちです(笑)。

『映画ST赤と白の捜査ファイル』では、再びSTのメンバーが事件に立ち向かいます。連続ドラマのときより、さらにスケールが大きくなり、連ドラ以上にSTの結束も固く、チームとしてまとまって犯人を追い詰めていきます。
百合根の成長も垣間見ることができますので、みなさんに楽しんでいただければ嬉しいです。
僕自身、連ドラの最後の最後で謎が残り、それを引き継いで映画になるということで、キャストやスタッフの方々と一緒にいられる時間が長くなって良かったという思いがありました。それから、連続ドラマからの映画化ということで、「ST」を愛してくださる方々がたくさんいて良かったな、と思いました。
現場では、キャストのみなさんと気さくにお話しながら、毎日とても楽しく撮影ができました。待ち時間もだいたいみんなで一緒にいて、ご飯を食べたり、いろんな世間話をしたりして、いつも笑っていました。
僕にとって、「ST」は、本当にいろんな経験をさせてもらった作品です。百合根のキャラクターも大好きですし、何よりも藤原竜也さんにいろんなことを教えてもらいました。ドラマが始まった頃は、STのメンバーを視聴者の方々が愛してくださればいいなという気持ちだったんですが、いざこうして映画になると、その思いが強くなって、本当に母親のような気持ちです(笑)。僕にとって、絶対に忘れられない作品になりました。